2014/02/27

RapidHorn 400

ハンドル径22.2mm クランプ径25.4mmのブルホーン、RapidHornシリーズの最新版を発売しました。取りあえず値段は据え置き、4月になったら3%分上げようかと思います。

備忘録としてこれまでの変遷を纏めると、

初代 : RapidHorn
日東さんに試作的に作ってもらったロットです。フェルールで380mmと400mmの2サイズでした。

二代目 : RapidHorn2
台湾で作ったロットで、フェルールで310mmと380mmと410mm。レバーを接近できるようにフェルール幅を狭くしました。日東版に比べて角がダレ気味だったり、イメージを伝えるのに難儀しました。

二.五代目 : RapidHorn3
フェルールで先端の曲げを省略したモデルなのですが、台湾の工場が図面を取り違え全ロットNGになりました。そのままRapidHorn2として出しても良かったのですが、納入価格が折り合わず決裂。

三代目 : RapidHorn2010
フェルールで作れない台湾の別の工場で作った、先端の曲げを省略したモデル。アルマイトの色を見かけないものに変更してみました。バテッドの幅が指定と違っていたり、色々トラブルがありました。

四代目 : RapidHorn 400
グリップシフトを挿入することを想定して先端の曲げを省略していたのを元に戻しました。要望としては聞こえるものの、実際のニーズは無いと判断しました。ハードユースに対応する必要性の低さから肉厚だったパイプも一般的な厚みにダイエットしています。バテッドの幅は広過ぎず狭過ぎず、大きなステムも使えてレバーも近づけられる良いバランスだと思います。これまで大きなサイズを多く作ってもそこから品切れしていくので、1サイズにしました。個人的には380mmが好みなのですがニーズは大きなものに有る様です。またRapidHornシリーズでは初めて黒いアルマイトをかけてみました。表面処理はポリッシュです。

エビホーンやカニホーン。バーエンド一体型風にしてみたり、安全にご注意の上楽しんでもらえると有り難いです。