2018/08/27

Mini125 Front Dual Wheel

minilove の応募期間が長かったので、キックボードのフロント二輪化キットを自転車用に設計し直して試作してみました。100mm ウィールと 72mm 二輪を互換できるように高さを設定しているので、交換後も乗車ポジションに違和感は有りません。段差には弱くなっていますが、従来からの弱さと比べても微々たるもので... フロント二輪化キットとフォークを繋ぐ関節部にはナイロンワッシャーを噛ませているので、フロントをホップしてもフォークの先でパーツは半固定され暴れることはありません。低速での走行時に非常にクイックな極小径車のハンドリングが安定するメリットは大きいと思います。

フロント寄りに重心があり、スピードを出さないMini125ではフロントはブレーキ無しでも十分と思いますが、ピストやら何やらで聞こえが悪いので、フロント二輪化キットのホイールベースを 1cm 程度伸ばして、ブレーキを内蔵する設計にしています。ブレーキは小さく引き代を大きく設計できないのでカンチやキャリパーより若干短くなりました。現在はVブレーキ用のエイドレバーを使用しているので、レバーを交換する必要が有りそうです。

これまでに作ったフロント二輪化キットはボルトとナットを使う仕様でしたが、最近製作したキックボードのデッキで問題の出なかった、アルミのプレートに直接ネジを切る方法を試しました。ローゼットワッシャーと皿ネジを使用して引っかかりの少なさそうなアウトラインにしています。ブレーキのリバウンド用に内蔵スプリングを作ったのですが、パワー不足で外部にもスプリングを配しています。これでも十分ではないので、内蔵スプリングの格納スペースや製作誤差を盛り込んで再考することにします。

動作はまだ完璧ではありませんが、構造としては Mini125 や JD Razor Japan のブレーキよりもシンプルで耐久性の有るものかと。需要の有る 100mm 用のブレーキシステムも近く考えてみたいと思っています。

2018/06/27

Yankee Step for Gyro Canopy


以前に MNP したときのキャッシュバックが au WALLET だったので、ジャイロキャノピーにインナーバスケットを付けました。半キャップのヘルメットが余裕で収まる大きなカゴで、飲み物やおやつ、身の回りのものを放り込めてとても便利なのですが、背筋を伸ばしたポジションでなく、支柱にもたれかかる様に乗ると、バスケットに膝が当たります。このまま段差を超えたりすると臑を直撃してとても痛い目に会うこともしばしば。

これが対策できるかと思いつき、ヤンキーステップを取り付けるためのプレートをヤフオクで落としてみました。プレート自体は 2.5mm のステンレスをベンドした単純なもので、ボルトオンの為の開孔が3箇所。固定の為の M6 のキャップネジが付いてました。


色々調べてみると、安く売られているペグは M8 で固定する仕様ですが、届いたプレートの開孔は 10mm ... 細い分にはぐいぐい締めて固定しても構わないということなんでしょうが、体重がかかる部分なのでなるべくフィットさせたく、M10 で固定する 95mm のペグを作りました。固定するボルトは面で圧がかかるようにローゼットワッシャーと皿ボルトの組み合わせと考えたのですが、ローゼットワッシャーは M8 までしかなく、10mm の穴には M10 のフランジボタンキャップを使うことに。

乗り心地は悪くなく、倒し込んでもペグが擦るまでにはまだ余裕があります。カゴ問題は 70% 程解決という所でしょうか、痛くない箇所には当たるが直撃は回避... しばらく乗って問題出しできたら、平面形やベンド角を整理し、ブラッシュアップしてみようと思います。

2018/04/19

PYLON


PYLON というウォッチバンドを発売しました。

PYLON はアウトドア向けにデザインされたウォッチバンドです。コンパスや温度計等、一般的なアタッチメントを2個程度固定することが可能です。固定に面ファスナーを使用し、手首のサイズに合わせて無段階に調節可能です。バックを保護する幅の広いストラップは、適度な硬さの素材により締め付け過ぎることなく、時計の位置を一定に保ちます。

昔から、文字盤をカバーする所謂コンシールタイプと呼ばれるウォッチバンドを収集していました。これらは反射を殺すスナイパー用との説明が謳われがちですが、ノイジーなベルクロが多用され実際には気分の商品、或いは時計の保護を目的とした商品でしょう。映画ではターミネーター2のサラ・コナーが脱走後に身に着けていました。トリチウム管のアナログとの組み合わせはとても相性が良いように思います。

SUUNTO CORE を手に入れた頃、純正のバンドはいずれもしっくり来ず、サードパーティを渉猟するハメに。コンシールタイプのコレクションと合わせてみたのですが、サイズ的にまともにフィットするものが有りませんでした。また、デジタルコンパスは、フィールドに出るとたまに嘘をつく様で、バックアップとしてアナログのコンパスをアドオンする必要を感じていました。


SUUNTO VECTOR 全盛の頃、話題になった KAVU のウォッチバンドも試したのですが、つけ心地は良いものの脱着時に時計本体の脱落の可能性が高い様です。面ファスナーは長く日常的な脱着が煩雑でした。

MAGFORCE MF-3402 は PYLON の原型になったウォッチバンドです。赤羽のトルーパーズで見つけて半年程使っていました。縫製も素材も男性的でクールなプロダクトです。

しかしながら、MF-3402 には欠点もありました。素材のナイロンは日本国内で見かけるものよりも極端に目が詰まり硬く、肌の弱いユーザーには厳しい使用感です。フライトジャケットの様なニットの袖口を傷めることも問題です。イビツな処理の両端のアールの修正は容易ですが、ブランドロゴの入ったタグが面ファスナーの接合を減らす位置にあるのも気になります。日常的に使う中でファスナーのフック側がヘタっても、縫製され一体化しているために交換ができません。フック側を切断してより長い面ファスナーに交換した所、アドオンを取り付ける面積が手に入ることに気づきました。

PYLON は KAVU や MAGFORCE のアップデートです。素材や構造を見直し、面ファスナーもフック側ループ側共に耐久性の高いものを採用。ラグ幅に合わせてフック側のサイズを変えられます。耐久性と快適さの両立というEDCを強く意識し、更に拡張性を用意しました。

https://aoiindustries.tumblr.com/post/173017180484/

2018/01/24

Recently


こんなのを作ってます。幅 20mm 用のウォッチバンドでナイロン製。面ファスナーのメスは 25mm 幅なので、オスを交換すればラグ幅 25mm 程度まで使えます。以前に Suunto Core を手に入れて、内蔵のコンパスが信用ならないことが明らかになり、小さなコンパスを併設しようと色々と物色したのですが、良いものが見つからず... 付け外しの時に時計を落とす事もなく、コンパスや温度計等のオプションを2個程マウントできます。適度な厚みと硬さのナイロンテープを使うことで、圧迫しなくても手首で回ることなく位置を一定に保てます。来月中には販売まで漕ぎ着けられると良いのですが...


自転車関連では去年はフォークやミラー、カスクをリリースしました。今年はどうしようかと思案しています。2015年の道路交通法改正に伴って徐々に周知や適用が進んでいるように見えますが、子供を乗せた電動アシストからロードレーサーでさえ、後方確認無く車線変更を行う様子を日々見ていると、どうしたものかと悩んでしまいます。大きな道路では自転車レーンも幾らか整備されたものの、結局はレーンより幅の大きな駐車車両に占有されてしまい十分に機能していません。趣味や楽しみとして、こうした状況を自転車で走ることを他人に勧める事は難しく、どんどん特殊な方向に進んでしまいそうです。

2017/07/25

Moved…

そういえば半年ほど前に引っ越ししました。西五反田1丁目から東五反田1丁目へ移動しました。フレッシュネスバーガーの4階になります。新しい場所も少々というか、以前にも増して如何わしいエリアになりまして…

自転車・キックボード関連は引き続き一人で担当しておりますので、ご来社の際はご一報いただけますと助かります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2017/06/16

Tumblr + amazon

以前より商品を amazon 経由で販売しています。これは、多くの商品は弊社の直販よりも amazon を経由させた方が経費が安い為です。またお客様にはクレジットカードやコンビニ決済、代引き等の利用が可能になっています。キックボードのウィール等、販売してるものの点数が増えてしまい、在庫状況が把握しにくい状況もあり、amazon の管理画面をメインに在庫管理を行う形にしようかなと…

ただ、amazon での販売はとても味気なく、中間的な一覧・個別ページ群としてTumblrを利用しようかと実験中です。

キックボードのウィールならば
https://aoiindustries.tumblr.com/tagged/wheel

100mmであれば
https://aoiindustries.tumblr.com/tagged/100mm

こんな感じでタグで簡易なソートが出来ます。

2016/07/16

How to set parachute code to scooter as strap

キックボードのメーカー純正ストラップはコットンやナイロンのものが多く、ナス管がカチャカチャ鳴ったり、見た目が子供っぽかったりなので、パラシュートコードで地味なストラップを拵えました。軽量で堅牢な EDC ユーザー向けのストラップです。

以前に使って良い感じだった、ラバーの外径12mm 内径9mmのチューブが手に入らなかったので、燃料用PVCチューブの外径 11mm 内径 7mm を使ってストラップをカバーします。チューブを使うのは2本のパラシュートコードが纏まっていた方が使いやすいのと、担いだ時に肩に食い込まなくなるので。余程の重量級デッキでない限りは終日背負ってもストレスにはなりません。

二つ折りのパラシュートコードはかさが有ってそのままではくぐり抜けません。そこで内側から引き上げる必要があります。針金や凧糸で十分なんですが手もとに無く、今回は自転車のブレーキワイヤーを使います。

こんな感じにフックを作って、パラシュートコードを引き上げます。すべりが悪い場合はチューブの中に軽くオイルを吹いても良いかと。

引き上げた末端をこの様に絡めます。出来上がりのパラシュートコードの長さを自分のポジションに合わせて結べば、展開の度にハンドルポストの位置出しを悩む必要が無くなります。チューブの長さもそれと揃えておくと見た目もすっきり。フォークのストラップホールが滑らかでないとパラシュートコードを切ることが有ります。エッジが立っている場合は、ヤスリで表面を調えるかリングを使用する等上手いこと。パラシュートコードは一度据え付けると癖がついて良い感じに用途に馴染んできます。