2019/03/04

Windmill JPW modification


暫く前に作ったものですが、ライターのキャップを作り直しました。

Windmill JPW は古いターボライターです。恐らく1990年頃に発売されたもので、刻印以外のマイナーチェンジも殆ど無いロングセラーで、現在も継続して売られています。Windmill のターボライターはアウトドア向けに見えるデザイン、釣具メーカーが作った様な微妙なものが多いのですが、この JPW だけなかなか格好良いのです。

ダイキャストの表面処理は塗装のみ。ポリッシュのモデルも使用しているうちにクリアが剥がれ、錆びて渋い雰囲気になっていきます。ガス注入口のキャップはアルミ削り出しでアルマイト有り。刻印が同心円に沿う様にカーブしています。周囲はローレット、Oリングは防水と固定の二種と手の込んだもの。中心には丸カンを接続した可動するピンがあり、キーホルダーやストラップを繋げてアウトドアっぽくしようという趣向なのですが、このピンはポンチでカシメて固定されています。

ピンはアルミ製だと思うのですが、カシメの高さと部材の厚みが適当ではない為、やがてすっぽ抜けるという問題があります。フィールドですっぽ抜けた場合には知らないうちにライターは失われ、どこかに固定したストラップには小さなピンだけがぶら下がっているという悲劇も... タフそうでアウトドア用としていかにもなプレゼンテーションに、素直にノセられると失くしてしまうというのは最悪です。


そこで、このガス注入口のキャップを採寸し、ランヤードリング一体のキャップを作ってみました。ピンを作り直す方法もありますが、かなり狭い場所であるのと固定に薄いナットを使うと格好悪い気がして、ランヤードリング一体です。

オリジナルの寸法を踏襲したものをノズルの可動域に干渉しない程度に屋根を付けて密閉、余り主張したくないのでランヤードリング部はキャップの平面形と同じカーブです。4mm のパラコードがギリギリ通せるように 3.5mm で開孔しました。デザイン上の特徴になっていたローレットは、ランヤードリングの半円の面で十分にトルクがかかるので省略。結構気に入っています。

2018/08/27

Mini125 Front Dual Wheel


minilove の応募期間が長かったので、キックボードのフロント二輪化キットを自転車用に設計し直して試作してみました。100mm ウィールと 72mm 二輪を互換できるように高さを設定しているので、交換後も乗車ポジションに違和感は有りません。段差には弱くなっていますが、従来からの弱さと比べても微々たるもので... フロント二輪化キットとフォークを繋ぐ関節部にはナイロンワッシャーを噛ませているので、フロントをホップしてもフォークの先でパーツは半固定され暴れることはありません。低速での走行時に非常にクイックな極小径車のハンドリングが安定するメリットは大きいと思います。


フロント寄りに重心があり、スピードを出さないMini125ではフロントはブレーキ無しでも十分と思いますが、ピストやら何やらで聞こえが悪いので、フロント二輪化キットのホイールベースを 1cm 程度伸ばして、ブレーキを内蔵する設計にしています。ブレーキは小さく引き代を大きく設計できないのでカンチやキャリパーより若干短くなりました。現在はVブレーキ用のエイドレバーを使用しているので、レバーを交換する必要が有りそうです。


これまでに作ったフロント二輪化キットはボルトとナットを使う仕様でしたが、最近製作したキックボードのデッキで問題の出なかった、アルミのプレートに直接ネジを切る方法を試しました。ローゼットワッシャーと皿ネジを使用して引っかかりの少なさそうなアウトラインにしています。ブレーキのリバウンド用に内蔵スプリングを作ったのですが、パワー不足で外部にもスプリングを配しています。これでも十分ではないので、内蔵スプリングの格納スペースや製作誤差を盛り込んで再考することにします。

動作はまだ完璧ではありませんが、構造としては Mini125 や JD Razor Japan のブレーキよりもシンプルで耐久性の有るものかと。需要の有る 100mm 用のブレーキシステムも近く考えてみたいと思っています。

2018/06/27

Yankee Step for Gyro Canopy


以前に MNP したときのキャッシュバックが au WALLET だったので、ジャイロキャノピーにインナーバスケットを付けました。半キャップのヘルメットが余裕で収まる大きなカゴで、飲み物やおやつ、身の回りのものを放り込めてとても便利なのですが、背筋を伸ばしたポジションでなく、支柱にもたれかかる様に乗ると、バスケットに膝が当たります。このまま段差を超えたりすると臑を直撃してとても痛い目に会うこともしばしば。

これが対策できるかと思いつき、ヤンキーステップを取り付けるためのプレートをヤフオクで落としてみました。プレート自体は 2.5mm のステンレスをベンドした単純なもので、ボルトオンの為の開孔が3箇所。固定の為の M6 のキャップネジが付いてました。


色々調べてみると、安く売られているペグは M8 で固定する仕様ですが、届いたプレートの開孔は 10mm ... 細い分にはぐいぐい締めて固定しても構わないということなんでしょうが、体重がかかる部分なのでなるべくフィットさせたく、M10 で固定する 95mm のペグを作りました。固定するボルトは面で圧がかかるようにローゼットワッシャーと皿ボルトの組み合わせと考えたのですが、ローゼットワッシャーは M8 までしかなく、10mm の穴には M10 のフランジボタンキャップを使うことに。

乗り心地は悪くなく、倒し込んでもペグが擦るまでにはまだ余裕があります。カゴ問題は 70% 程解決という所でしょうか、痛くない箇所には当たるが直撃は回避... しばらく乗って問題出しできたら、平面形やベンド角を整理し、ブラッシュアップしてみようと思います。